オブラプラニングのお勧め物件・アパート経営情報

おすすめ不動産物件、アパート経営に関する情報をお伝えします。

不動産コラム

年代別に見たアパート経営のメリット・デメリット(50代編)

投稿日:

おじさん

50代でアパート経営を始めるメリット

第2の人生設計を安心確実に

本業であるサラリーマンの定年が近づき、自営業ではそろそろ跡継ぎを、と考え始める50代。
つまり、第2の人生を真剣に考える年代です。

50代からのアパート経営のメリットは、その収入で退職後の生活費を補えることです。また、第2の人生設計をするにあたり、アパート経営自体を自己の事業(本業)として確立することも可能です。

50代でアパート経営を始めるデメリット

ローン返済を安心確実に

定年間近で新たにアパートローンが発生することになり、ローンの返済が今後の人生の重石となってしまう可能性があります。
それを防ぐために、まずは、アパート経営の収入がローンの返済額を下回らないようにすることが重要です。

また、ローンを組む際に、家賃収入年利回りが12%(たとえば5000万円のローンなら年間家賃収入は600万円)以上になる有料アパートを手がけていかなければなりません。

-不動産コラム

執筆者:

関連記事

不動産屋

アパート経営のメリット・デメリット

アパート経営とひとことで言っても、いったいどのようなメリットがあるのでしょうか? 一般的に「アパート=家賃収入が得られる=継続的な収入源」とイメージされる方も多いかと思います。しかし、「本当にアパート …

若い夫婦

年代別に見たアパート経営のメリット・デメリット(30代編)

30代でアパート経営を始めるメリット 長期ローンが組める サラリーマン・自営業など本業としての収入に加え、アパート経営の収入があるので、生活の向上が見込めます。 また、若いころから始めるメリットとして …

仲のよい老夫婦

年代別に見たアパート経営のメリット・デメリット(60代編)

60代でアパート経営を始めるメリット 第2の人生設計資金を有効に活用できる。 定年を迎えて時間とお金に余裕のある世代にとって、アパート経営は自分の体調と時間の都合にあわせてできる、最適の事業です。 退 …

中年夫婦

年代別に見たアパート経営のメリット・デメリット(40代編)

40代でアパート経営を始めるメリット 家族に必要なお金を充当できる 40代は家庭を持つ子育て世代で、住居費(住宅ローンや家賃)や教育費など、家庭を維持するための費用が多くかかります。 アパート経営の収 …